2014年05月02日

ブラックリストに載っていても携帯電話の契約は出来ますよね?

Q.ブラックリストに載っていても携帯電話の契約は出来ますよね?

知恵袋の回答で「ブラックな為、携帯の契約が出来ないやつが身近にいる」というよな回答を見て、疑問に感じたため質問します。

補足
>状況によると思います。

どういう状況なら携帯の契約が出来ないのですか?
いちおう、私の母は個人信用情報機関の方でブラックリスト入り状態ですが、
携帯の契約も出来、携帯本体も分割払いで購入していました。
どういう状態の人なら携帯の契約さえ出来ないのか知りたいです。


A.はい…ブラックリストの方でも基本的に携帯契約は別物なので契約は可能です。

個人信用情報登録機関は「銀行系」「クレジット系」「サラ金系」とありますが、携帯電話回線の契約や携帯電話会社自体が行う分割払いは携帯電話会社の独自審査で、「クレジット」「ローン」「信用貸付」の機関とは別物だからです。

ただ…近年はこれらの信用情報も参考にするようにはなって来ています。

また…「ブラックリスト」と言っても信用情報登録からは数年経てば消えてしまいますから(個別にある情報は別ですが…)、そうした場合にはそれを基準とする事も出来なくなります。

携帯電話会社は現在携帯電話会社どうしで滞納や未払い情報などを交換していて、他社にも未払い金がある場合は断るような情報があったり、預託金が必要になるようになってますが、他社に滞納があったとしても審査はやはり携帯会社自身なので契約出来る場合があります。

au、SoftBank、ドコモを利用していて数年前に支払いを滞らせたAさん(金融関係のブラックリストにも載ってます)が、近年になって携帯を持たなくてはならなくなった際、○社に問い合わせにいったら、○社に残っている滞納金を払えば契約出来ると言われ、どうにかお金を支払ったら○社の携帯回線が持てたという話もききました。

金融関係の場合は貸付や元金に利息形式で「なんぼ」ですが、携帯電話回線の場合は「契約」してからの利用料で「いくら」の世界なので金融のブラックリスト者まで拒否していては始まらないのではないでしょうか。

これらの事から…金融関係のブラックリストは参考程度の活用なので携帯電話の回線契約とは別物だと認識しております。

携帯電話会社によって審査は変わると思うので何ですが、契約しようとする携帯電話会社にさえ滞納金(未払い金)があった場合には携帯電話が契約出来ないという事になります。
(消滅時効が有効であって、正式に電話会社に消滅時効を主張していたとしてもおそらく各電話会社には情報は残っているので未払いのある会社では契約出来ないとは思いますが、これに関しては情報を得てないので完全に推測の域です)

<引用元:yahoo知恵袋>

カードローンの取引履歴を開示するなら今すぐ専門家へ
アヴァンス行政書士法人 信用情報開示
posted by whzkxjui at 18:33| Comment(0) | 信用情報について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。